YMO 『テクノデリック』(Collector’s Vinyl Edition)(Analog)  今なお色褪せない実験色の強い名作

さてYMO。
中学時代どっぷりハマって自発的に音楽を聴くきっかけとなったバンドで、いろいろな折につけ僕の音楽的嗜好の基礎となっているなぁと感じている。

このCollector’s Vinyl Editionと銘打った お高いバージョンにはいろいろとオマケが。別冊ブックレットや製作資料レプリカの資料的価値は高く、ジャケットのレプリカもよく出来ている。そして何より素晴らしいのは 『箱』のデザイン。8bitのドット画にダウンスケールしたデザインは、もともとのジャケを知っている者はニンマリすること請け合いである。

当時のトラックシートのレプリカとか
レコジャケはちゃんと2種類!

で、肝心の音はどうか? 最新リマスター・2枚組・45rpmという仕様で音が悪いはずはなかろうと針を落とす。
一聴して分かるのは音の分離の良さ。それぞれの音がきちんと追いかけられる見通しの良さがある一方、
一体となった時にどこがが悪目立ちすることなく、収まるべきところに収まっている。
昔聞いたそのままのバランスを維持しつつ高音質になった印象。とにかく歯切れが良く、聞いていて楽しい 。

YMOの作品の中でも前衛的で実験色の強い『テクノデリック』は1981年3月『BGM』は1981年11月のリリース。
まぁなんと恐ろしく出力の高い時代だったこと…


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

暗〜い映画と音楽が好物。
オーディオ情報は程々でやっていこうかと。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次